大人ニキビ 洗顔方法

大人ニキビを予防したり、
出来てしまったニキビを改善したりしようとするためには、

正しい洗顔を行うことも大切です。

間違った方法で洗顔をしていては
ほかにどんな効果的なスキンケアをしていても
あまり意味がありません。

まず、洗顔というのは何のためにするのかというと、
酸化した皮脂や、顔についた汗やホコリなどの汚れを取るためです。

決して、油を取ってスッキリさせるためではありません。

顔の油を取ると、確かにすっきりして気持ちいいですが、
取りすぎてしまうと、かえって取られてしまった油分を補おうと
余計に皮脂が分泌されてしまいますし、肌の乾燥からターンオーバーの乱れを
引き起こして角質が厚くなり毛穴が詰まりやすくなる⇒ニキビが出来やすくなる

というようなことが起こります。

では、
正しい洗顔方法を紹介します。

①手を清潔にする。
あまり前ですが、手は清潔にしておきましょう。

②お湯はぬるま湯で洗う。
冷水では毛穴が開かず汚れが落ちません。
かといって、熱めのお湯を使ってしまうと皮脂を取りすぎてしまいます。

③洗顔料はしっかり泡立てる。
泡立てネットを使い、ピンポン玉2個分くらいの泡を作ります。
皮脂の多い部分から順番につけていきます。
顔の内側から外側に向けて円を描くように洗います。
あまり時間をかけて洗うと肌が荒れてしまうので、30秒以内で行います。

④ゴシゴシ洗わない。優しく撫でるように洗う。
ゴシゴシこすると肌を傷つけてしまうので、泡と言えども
こすらないよう優しく洗います。顔に触れているのは泡だけ
というイメージです。

⑤すすぎはしっかり。
泡をしっかり落としておかないと、それが原因で毛穴の詰まりの現任になってしまいます。
最後のほうは桶にたまったお湯ではなく、蛇口から出るきれいなお湯を使います。

⑥洗顔後は清潔なタオルで拭き、すぐ化粧水で保湿。
顔を拭くときも優しく当てるように。
そしてなるべくすぐ化粧水で保湿。開いた毛穴に蓋をしてあげます。

という感じです。

以上、6つの点に気を付けて洗顔をしていくことで、
肌の状態が次第によくなり、肌のターンオーバーも正常に戻っていく
ことと思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。