大人ニキビ 睡眠

睡眠不足は肌に良くない
っていうのはまぁ、皆さんだいだいわかっていることと思います。

で、
やっぱりこれは大人ニキビにも言えることですね。

睡眠不足が慢性的に続くと、
ニキビができやすくなってしまったり、悪化させる原因にもなってしまいます。

なんでなのか。

睡眠不足が続くと、
肌のターンオーバー(生まれ変わり、新陳代謝)が行われなくなったり
そもそも寝ていないという状態が心理的なストレスになり、ニキビの出来やすい状態になってしまう
ということなのです。

ただ、だからといって
寝たいときにたくさん寝ればいいっていうものでもないのです。

肌のゴールデンタイムと呼ばれる
入眠してから3~4時間の間、しっかりと熟睡することがポイント。

この時間に、肌の新陳代謝が行われ、古い皮膚を新しい皮膚に生まれ変わらせ、
肌再生を促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。
このホルモンは、肌のハリ、弾力を維持するのに必要な皮下組織の水分量をキープする働きがあります。

ですので、
いつ寝るかではなく、この入眠してから3~4時間の間をどれだけ
ぐっすり寝ていられるかというのが
睡眠でニキビをケアしていくことのポイントとなります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。